2015年09月26日

第6回菊池ビネンナーレの審査結果を公開しました

今夏に公募を行いました、第6回菊池ビエンナーレの審査結果を
当館HPにて公開いたしました。
http://www.musee-tomo.or.jp/biennale.html

入選者50名のリストと、入賞作品は画像を公開しております。
展覧会は12月19日(土)より来年3月21日(日)まで開催いたします。
詳細につきましては、当館HPをご覧ください。
posted by 智美術館 at 17:49 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

★京都の登り窯(元・藤平陶芸)公開のお知らせ★

智美術館にて12月6日まで開催される「夢つむぐ人 藤平伸の世界」展
に合わせ、作家の地元である、京都・五条坂にて作品制作の場所だった
登り窯と工房跡が特別に公開されることになりました。

koukai_image.jpg
藤平陶芸登り窯跡地 特別公開
藤平伸と藤平陶芸の作品展示

藤平伸とその背景 ―京焼登り窯の広がり―
日程:2015年10月3日(土)、4日(日)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)
時間:10:00〜17:00/入場無料
場所:元藤平陶芸登り窯(五条坂京焼き登り窯)〒605-0845 京都府京都市東山区竹村町151
  市バス五条坂下車・徒歩3分
  京阪電車 清水五条駅・徒歩12分
主催:立命館大学文学部考古学・文化遺産専攻、同京都学専攻、
   立命館大学アート・リサーチセンター、京都市教育委員会
協力:藤平陶芸有限会社、公益財団法人菊池美術財団
詳細はPDFにて→fujihira_kiln_2015.pdf

 本展の調査にもご協力いただいた立命館大学、木立雅朗先生の研究室と、現在登り窯を
管理されている京都市の主催になり、入場無料となります。
 智美術館では展示できなかった資料や、伸先生の初期の作品が
作家の制作していた現場で公開される貴重な機会、現在は通常非公開の場所ですので
ぜひ足をお運びください。また、創業100年を迎える藤平陶芸さんの長い歴史の中で
作られてきた様々な製品(戦時中の大きな物から、戦後の品まで)も並ぶ予定で、京焼の
大きな歴史の一端を垣間見ることの出来る、面白い展示になるかと思います。

★なお、登り窯のすぐ近くの五条坂交差点にある藤平陶芸さんのカフェでは、
伸先生の壁画をみながらゆっくりとお茶やケーキを召し上がっていただけこちらも
オススメの場所です。
河井ェ次郎記念館からもすぐ近くですので、合わせて秋の京都を楽しみつつ、
ぜひお出かけいただければと思います。
posted by 智美術館 at 18:40 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

「藤平伸の世界展」★1回目の展示替をいたしました

 智美術館にて8月8日より開催中の「夢つむぐ人 藤平伸の世界」展
昨日1回目の展示替えをいたしまして、本日より展示の内容が少しまた
変っていますので、お知らせいたします。

本展は、作家没後初の回顧展ということで、陶磁器作品に加え、水彩やガラス絵
など平面の作品も多く展示しています。展示替えは主に水彩作品、画帳の
「梁塵秘帖」などをめくり替えをするほか、少しずつ陶磁器の方も変えていく
予定です。(展示替え予定の詳細はHP掲載中の下記の展示目録にてご覧い
ただけます。)
http://www.musee-tomo.or.jp/file/fujihira_list2015.pdf

 本日から特に新しく展示したのが、「呉須水指」と「辰砂茶わん」(2碗)の
茶道具類です。これらはいずれも1993年に京都の茶道資料館で開催された
茶碗と茶陶をテーマにした個展、「藤平伸 茶陶に遊ぶ」展のために制作され、
発表された作品で、93年の展示以来、東京では初めて公開される作品です。
(本展では茶道資料館さま所蔵の作品をご拝借して香合や水滴など小品と茶わん、
水指を展示させていただきます。)
 お借りした茶道具は主にこの頃作家が取り組んでいた辰砂釉(紅色の美しい釉薬)が
掛けられたものが多いのですが、とくに水指は淡い呉須の水色と仄かな辰砂釉の
紅色が柔らかに混じりあい、それぞれが美しく発色して、やきものならではの
釉薬の魅力を味わっていただける一点です。

実際に本物の色の美しさを展示室でご覧いただきたく、写真をアップするのは控え
させていただきますが、色合いとしては↓このようなイメージです。
kyoto_sanjo.jpg
写真は、展覧会準備のために春先に京都を訪れた際に、調査を終えた後に
三条大橋のたもとで出会った夕焼けです。同日に調査したばかりの藤平作品の色彩を
思い出させる色合いが、空に広がった景色は、何ともいえない不思議な心地になりました。
 藤平伸の作品は形の魅力ももちろんですが、年代ごとの釉薬もそれぞれに特徴があり、
見応えがありますので、じっくりとご覧いただければと思います。(高)
posted by 智美術館 at 17:14 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

テレビ放映のお知らせ(9月6日・日曜美術館アートシーン)

8月より開催中の「夢つむぐ人 藤平伸の世界」が、
下記の予定にて、NHK日曜美術館アートシーンでご紹介
いただけることになりました。

2015年9月6日(日)
朝 9:45〜/ 夜 20:45〜


 先日、展示室の撮影にクルーの方にご来館いただきましたが、
放送では藤平伸先生のご長女で陶芸家の藤平三穂さんのインタビューも
流れる予定です。撮影した中からどの作品が紹介されるか、智美術館の
スタッフも楽しみにしています。皆様もぜひ!ご覧ください。

 ちなみに、朝の45分の方は「漆芸の極みをもとめて〜輪島塗超絶技巧への旅〜」
とのことで、こちらは石川県輪島の漆工芸の特集のようです。藤平先生の陶磁器の
世界とはまた異なる分野ではありますが、同じ工芸の特集となりますので合わせて
ご覧いただくのも面白いかと思います。
NHK 日曜美術館サイト↓
http://www.nhk.or.jp/nichibi/
posted by 智美術館 at 16:32 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする