2016年01月21日

第6回菊池ビエンナーレ展 関連行事 第2弾!

東京はこの週末も雪の予報が出ておりますが、
1月23日(土)15時ら菊池ビエンナーレ関連行事 第2弾!
優秀賞を受賞された津守愛香さんと審査員からは陶芸作家の杉浦康益さんをお招きして
ギャラリー・トークを開催いたします。

第6回菊池ビエンナーレ展のこれまでとの違いは、
津守さんの「サムライ・マーメイド」が入賞している点にあると言えるのではないでしょうか。
作家同士のギャラリー・トークでその制作についてお伺いいたします。

1月11日(月・祝)に開催いたしました神田和弘さんと唐澤昌宏さんの回では、
1992年から現在までの作品変遷を通して、
神田さんが陶芸と向き合い制作を深めていく過程を窺える貴重なお話をいただきました。

以降、会期中の1月23日、2月6日、2月13日、3月5日 各土曜日に
出品作家の皆様をお招きいたします。
この機会に作家の生の声をお聞きいただき、
作品を身近に感じていただけましたら幸いに存じます。(島)



posted by 智美術館 at 17:54 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

第6回菊池ビエンナーレ展 受賞者×審査員のギャラリー・トーク

年が明けて寒さも本格的になって参りました。
本年も智美術館を何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年12月19日から開催しております
「第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>」関連行事の第一弾について告知させていただきます。

◆受賞者×審査員のギャラリー・トーク
 神田和弘氏(大賞)×唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館学芸課長)
  日時: 1月11日(月・祝)15時〜
  場所: 当館展示室


 今回、大賞を受賞された神田和弘さんは、これまで多数の公募展で受賞・入選をされています。本展大賞作品をはじめ、過去の作品を振り返っていただきながら、その制作についてお話を伺います。
高さ、横幅ともに60pを超える大作は、作家の如何なる思考から生み出されたのか。
そして、審査員の唐澤昌宏さんはその作品をどのようにご覧になられたのか。
興味深いお話を伺えることと存じます。
皆さま、お誘い合わせの上ご来館をお待ち申し上げます!

本展会期中には、各受賞者と審査員のギャラリー・トークや入選者によるギャラリー・トークを全6回開催いたします。
制作者と審査員の生の声をお聞きいただき、やきものによる表現の「今」に触れてください。(島)

 
posted by 智美術館 at 11:07 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする