2016年09月22日

六田知弘さんの個展(〜9/24日)

ただいま、当館にて特別出品のかたちで展示させていただいている、
写真家の六田知弘さんの写真展「火/風ノ貌」が、中央区京橋の加島美術さんで
開催されています。
 六田さんの作品は、以前にもこのブログにて少しご紹介させていただきましたが、
自然をテーマにしたシリーズの新作発表の個展になります。

写真家 六田知弘展「火/風ノ貌」
日時: 9月24日(土)まで 10:00〜18:00
場所: 加島美術 東京都中央区京橋3-3-2 (東京スクエアガーデン脇)

http://www.kashima-arts.co.jp/events/ka-fu_no_bo/index.html

muda_tomohiro.jpg
続きを読む
posted by 智美術館 at 19:49 | TrackBack(0) | 個展・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

展覧会関連行事・アーティストトーク開催のご案内

二つ目のお知らせは、現代開催中の
展覧会「The Power of Colors 色彩のちから」展
の関連行事、作家によるアーティストトーク開催のご案内です。

展覧会の会期中、展示に関わる作家の方3人に各月ごとにお話を
お願いしていますが、その1回目として、今月、9月24日に石川県の小松より、
四代 徳田八十吉氏にお越しいただき、展示室ホールにてお話をして
いただきます。

アーティスト・トーク
作家:四代 徳田八十吉 氏
日時:9月24日(土) 15:00より(1時間程度を予定)
予約不要・聴講無料
(当日の観覧券が必要となります)

image_pfc.jpg
 徳田家は名工と言われた初代の徳田八十吉以来、その名前を受継ぎながら、石川県
の伝統工芸・九谷焼として歴史の深い、色絵磁器の作品を制作している陶家です。三代の
徳田氏は、その技術を受継ぎながら、器全体に鮮やかな色を施した「彩釉磁器」の表現を
編み出し、質の高い作品を残しました。
今回の展覧会では、チラシやポスターのメイン作品として、菊池コレクションより、その
三代 徳田八十吉(1933〜2009)氏作の「燿彩鉢〈黎明〉」を使わせていただきました。
これらの印刷物を見てくださった方から、作品の色の美しさに大きな反響を
いただいていますが、実際に展覧会会場にて実物をご覧いただくと、印刷の色
以上に鮮やかで美しい色をした磁器の作品に、驚かれると思います。三代は宝石
のような艶のある美しい色の輝きを目指し、苦心して色絵具の研究を進められた
そうですが、現当主の四代もその技を受継ぎつつご自身の創作活動に当たられてい
ます。
トークでは、家の仕事として先代から引き継いだ事柄を含め、四代ご自身の創作に
ついてもお話しいただけるかと思います。

 今回の展覧会では、とくに作り手からの言葉が興味深く、また作品をご覧いただ
く際の大きなヒントになることも多いかと思いますので、ぜひ多くの方にご来館いた
だき、トークにご参加いただければと思います。(高)
posted by 智美術館 at 18:52 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次回・第7回菊池ビエンナーレ【応募要項配布開始しました】

更新の滞りがちな智美術館のブログですが…、いくつかお知らせ、
ニュース等ございますのでアップさせていただきます。

次回◆第7回菊池ビエンナーレの作品応募要項を配布開始いたしました

一つ目のお知らせは、菊池美術財団主催の現代陶芸の公募展
「菊池ビエンナーレ」につきまして来年2017年に募集と選考、展覧会を行う
第7回の作品応募要項を配布開始いたしました。

智美術館のサイトからも要項をダウンロードいただけます。
http://www.musee-tomo.or.jp/biennale.html

全体のスケジュールは下記のようになります。
応募締切 2017年6月30日(金)必着
第1次 画像審査 2017年7月中旬
第2次 作品審査 2017年8月中旬
展覧会会期 2017年12月中旬〜2018年3月中旬 ※予定

当事業は、陶を素材とするもので、未発表作であれば作品のサイズや
ジャンルなどに制限はございませんので、制作をされている皆様に、ぜひ注目
していただき、ご参加を検討いただければと思います。
posted by 智美術館 at 18:02 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする