2017年03月09日

第2回菊池寛実賞 工芸の現在展 アーティスト・トークのお知らせ6

工芸分野で活躍する作家12名をご紹介する「第2回菊池寛実賞 工芸の現在」展

アーティスト・トーク第6弾!最終回です。

3月11日(土)15時〜 当館展示室にて
植松竹邑(竹工)&山本 茜(截金ガラス)



植松竹邑さんは、神奈川県平塚市で制作されている竹工作家です。
素材・技法・造形を密接に連関させて作品のテーマを造形化し、
小口まで漆を丹念に施し竹の表情を際立たせます。

uematsu_s.jpg
植松竹邑「すゞかぜ立つ」2014年 撮影:渞忠之

山本茜さんは京都市で制作しています。
截金文様とガラスの形・色彩を併せた三次元の文様表現に魅力があります。

yamamoto_s.jpg
山本茜「源氏物語シリーズ 第十帖『賢木』余話(別れのお櫛)」2016年 撮影:渞忠之


竹の作品は素材保護のために前期と後期に分けて展示しておりますが、
今回のアーティスト・トークでは前期の作品も一部ご覧いただけます。

「第2回菊池寛実賞 工芸の現在展」最後の関連行事となります。
作家の言葉を通して作品をご覧いただく貴重な機会でございますので、
ご参加を賜りましたら幸いです。


posted by 智美術館 at 16:19 | TrackBack(0) | 個展・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。