2017年02月14日

第2回菊池寛実賞 工芸の現在展 アーティスト・トークのお知らせ4

工芸分野で活躍する作家12名をご紹介する「第2回菊池寛実賞 工芸の現在」展

アーティスト・トーク第4弾!

2月19日(日)15時〜 当館展示室にて
川端 健太郎(陶磁)&三嶋 りつ惠(ガラス)


計画性と即興性を同居させ、動感のある造形を生み出す二人の制作者にお越しいただきます。

川端健太郎さんは岐阜県瑞浪市で制作されています。
手捻りで成形すると切れたりへたったりする磁土の性質を造形に取り込んだ、
生命力溢れる制作が特徴的です。

kawabata_k.jpg
川端健太郎「白磁辰砂白金錦彩綴化茶盌」2016年 撮影:渞忠之

三嶋りつ惠さんはベネツィアのムラーノ島を拠点に、
職人たちと共同作業で無色透明の吹きガラス作品を生み出しています。
造形に表れる瞬間性と光を取り込み、反射させる空間性に魅力があります。

mishima_r.jpg
三嶋りつ惠「DEA」2015年 撮影:Francesco Barasciutti

今回は日曜日開催です。皆様のお越しをお待ち申し上げます。



posted by 智美術館 at 18:35 | TrackBack(0) | 個展・展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446997403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック