2016年05月14日

秋山の作品:土の表情の発見

16-Aブログ用.jpg
展示作品の1点です。亀裂の表現が特徴です。
この亀裂は、制作中に、まだ土が湿っているときに表面をバーナーで炙るそうです。

たとえばろくろで円筒形を引いて、その外側をバーナーで炙って、
円筒形に縦に切り込みを入れて展開すると、
内側はまだ湿っているので板状になるのだそうです。
写真の作品では、それをうつわの形の内側部分に使っています。

ちなみに外側にも亀裂が現れていますが、その面は凹面です。

今日は午後3時から記念対談です。建畠晢氏(多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長)と秋山陽さんにお話しいただきます。


posted by 智美術館 at 13:15 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

秋山陽展ができるまで、その4

今日は展示室からのOne Shotです。
IMG_2579.JPG

この作品、ラピュタに出てくる竜の巣みたいです。
ぐるぐるうず巻いて今にも動きだしそうです。
展示台の真ん中にのっていないのも、そんな意味合いです。
秋山さんの作品は、全方向的なので、正面がありません。
見る位置によって、穴ぼこがあったり、
棒が差してあったり、発見がいろいろあります。

ちなみにこの作品、250キロ以上あるそうです。
直径1メートルぐらいですが、4ピースに分かれて、
それぞれが大きな木枠に固定されて輸送されてきました。
今回は約40点の展示ですが、4トントラック3台分の物量でした。
いやあよく展示室に入ったな。。。

ところで5月28日(土)午後3時から特別鑑賞会と称して、
ギャラリートークとレストラン「ヴォワラクテ」での「謎の黒いスイーツ」
をお楽しみいただくイベントを計画中です。
秋山さんの作品を髣髴させるスイーツとは・・・?
参加費3000円(観覧券と飲食代込み)です。
お申込みをお待ちしていま〜〜〜す。

posted by 智美術館 at 10:53 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

秋山展ができるまで、その3

嵐のあとの快晴! 今日もどっか行くぞ〜!と、心で叫びながら出勤中です。

3枚目の模型写真はこちら。
会場模型 5.jpg

作品の模型もさることながら、
展示台の模型の質感を見てください!
手づくり感がたまらない〜。

さて、
写真の右に、天井からぶら下がって展示台の上にちょこんと腰をおろしている作品が見えます。
普段は垂直に吊り下げる作品です。吊り金具のワイヤーが、作品の上から下まで貫通しています。
たぶん、取り換えることもできる。。。どうやってつくってるんだろ。。。
それを考えるのも面白いけれど、まずは見た目のインパクトでしょー。

posted by 智美術館 at 11:00 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

秋山展ができるまで、その2

会場模型 2.jpg

前回に引き続き、模型の写真です。
真ん中の作品は、金沢21世紀美術館の収蔵品で、
実際に拝借してきました。はい、今、展示室にあります。
もちろん本物のほうが断然迫力あります。

画鋲のようなかたち(人によってはキノコやクラゲだそうですが)で、
長さが1メートル60ぐらいあり、頭の部分は直径1メートル近いです。
秋山さんの代表作の一つで、これまでは床に置かれることが多かったようですが、
今回は展示台の上にのっちゃいました、しかもギリギリで。
展示作業は秋山さんの立ち合いのもと、日通の美術専門の方がしてくださいましたが、
見守るこちらはドキドキでした。

んで、この作品、お客さんにも人気です。
色? 黒光りしております。

posted by 智美術館 at 13:34 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

秋山陽展ができるまで

秋山陽展、これまでになくダイナミック展示室です。
作品の大きさも幅4メートルの作品をはじめ、高さが3メートルだったり、幅が2メートルだったり、それを吊り上げたり、展示台の上にヨイショと置いたりしています。重さも一番重たいものは300キロ近くあります。

展覧会の企画が持ち上がったのは5年前ぐらい。実際の計画は3年前ぐらいからだったでしょうか。
秋山さんの作品は、空間との関係が大事ですので、
作品と当館の展示室とのコラボレーションを実現させるために、
企画展と企画展のあいだの展示替え期間中に、展示室の下見に
秋山さんは何度も足を運んでくださいました。

秋山さんの作品は、すでに国内各地の美術館に収蔵されており、近年では海外での収蔵も増えていると聞きます。当館のような小規模な美術館がそのような収蔵先から多数拝借してまわることは現実的ではなく、
そこで、展示作品の内容とその配置については、秋山先生にご提案いただくことになりました。

秋山さんが、展覧会準備中に、つくってくださった展示プランを少しご紹介します。
会場模型 1.jpg

スゴイっ!これ実際の展示室の縮小で、展示台や作品を粘土でつくってあって、お客さん目線で写真をとっているんです!
posted by 智美術館 at 13:31 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

桜坂と智美術館(お花見&美術鑑賞いかがでしょうか)

先週の4月2日より智美術館では「秋山陽 アルケーの海へ」が始まって
おりますが、ちょうど展覧会のスタートと共に都内の桜も見頃を迎えています。

 智美術館の最寄駅は日比谷線の神谷町なのですが、実は他に東京メトロの2駅
を含めて3駅利用可の場所にあります。
 そして、そのうちの溜池山王駅と六本木一丁目駅の間には、港区内でも
穴場のお花見スポット
があるのを皆さんご存知でらっしゃいますしょうか?
sakurazaka.jpg
それは、ANAインターコンチネンタルホテルの脇から泉屋博古館さんの裏を通る
道で、ANAホテルの横にある坂は名前もそのまま「桜坂」といいます。
(福山雅治さんの歌のタイトルになっている桜坂ではないらしいのですが、坂の登り口と
途中には標識が立っていますので坂の名前の由来など、ぜひご覧ください。)
写真は3日(日曜日)の夕方に撮影したものですが、日中も綺麗なのはもちろん夜間もこの
ようにライトアップされていて、とても幻想的な景色になっています。

 今年はまだ肌寒い日もあるせいか、桜も長持ちしていますので今週いっぱいは楽しめる
のではないでしょうか。お花見と合わせて、美術館の展示にもお立ち寄りいただいて、春を
満喫してみてはいかがでしょうか。皇居や上野と違って静かにのんびりとお花見が
出来るロケーションとして、オススメの桜情報でした。(高)

おおまかな地図はこちら↓をご覧ください

sakura_map_tomo.jpg
posted by 智美術館 at 13:34 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

朝日新聞、美博ピックアップに藤平伸展をご紹介いただきました

今週、21日(水)夕刊の朝日新聞、美博ピックアップのコーナーにて、
現在開催中の「夢つむぐ人 藤平伸の世界」展をご紹介いただきました。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12027639.html

先日、取材にいらしてくださった担当の方と展示を周りながら
掲載作品についてご相談し、一点はやはり今回反響の大きい「太郎の雪」
をとなりましたが、もう一点は絵画の魅力もご紹介してほしいと
思い、「梁塵秘帖」から飛行船の一枚をお願いしました。掲載いただいた
「飛行船来てより街は春めきぬ」は「梁塵秘帖」の中でも明るい空の色が
印象的な一枚で、タイトルにもなっている言葉はそのまま画中に書き込まれ
ており、伸先生自身によるものです。現在、展覧会場にて展示中ですので
ぜひご覧頂ければと思います。
posted by 智美術館 at 17:27 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

智美術サロン、第1回目が終了しました。

先日、皆様にご案内した智美術サロンですが、
5月31日(日)に第1回目を行いました。

「壺」をテーマに、やきものの魅力について学習院大学教授の荒川正明先生にお話いただきました。
私たちの生活から姿を消しつつある「壺」ですが、
古代からいかに大事な存在であったことか!
「壺中天」の故事のように、壺の中には別天地があり、
私たちはそこからさまざまな恩恵や幸せを受けてきたようです。

先生のお話は幅広くテンポもよく、ぐいぐいと引き込まれました。
「壺」をめぐって歴史を渉猟するごとくでした。
楽しいトピックがたくさんありすぎて、書き尽くせませんが、
印象的だったのは骨壺のお話です。
「未来の人のために、魅力的な骨壺に入りましょう!」
既成のものではなく、自分好みの壺を見つけて入れば、
もし、それが将来発掘されようものなら、話題になるかもしれません。
未来の誰かに楽しんでもらうための壺探し。自分のツボにはまりました。

さて次回は6月21日(日)。テーマは青銅器です。
気になるけど難しいと思っていらっしゃる方、楽しめる入口をご案内差し上げます。
ご参加をお待ち申し上げます。

posted by 智美術館 at 16:53 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

色絵体験!ワークショップを行いました

週末から東京も急な梅雨いりとなり本日、日曜日も朝から雨模様が
続いています。
けれども雨にも負けず!昨日は無事に色絵ワークショップを開催しました。
キャンセルの残席などを急遽こちらのブログで募集いたしましたが、当日は
定員いっぱいに参加していただき、前田正博さんと、同窓での陶芸家で、
東京藝術大学陶芸専攻ご出身の佐々木文代さんを講師にお迎えして色絵の
制作体験をレクチャーいただきました。今回は年齢制限なしで大人も子どもも自由に
参加できるものだったのですが、募集したところ参加者はほぼ大人の方でした。
(以前の子どもワークショップの際にも、参加したいという大人の方の声多数だった
ので、やはり物づくりに興味をお持ちの方はたくさんいらっしゃることを実感しました。)

tomo_work2014_6.jpg
いざ制作スタート!の前に
説明を真剣に聴く参加者のみなさん


 今回、ワークショップで使ったのは九谷から取り寄せた白磁と、陶芸専用の色絵具が
シート状になった材料です。シートは藤本能道さんが使う和絵具(たま釉:たまぐすりと
言ったりもします)ではなく、前田さんたちが使っている洋絵具がシート状に加工
されたもので、紙の台紙ごとはさみでカットした模様を水につけて絵具部分だけを浮かせ
てから白磁に貼りつけて模様をつけるので、初めての方でも好きなようにデザインする
ことが出来ます。
使ったのは基本的な5色にピンクとグレーと、色数自体は絵画の絵具にくらべ限られている
のですが、この色絵シートが面白いのは、洋絵具が原料なので色同志を重ね合わせて貼り
つけることが出来るところです。色が重なったところは微妙に影響しあって上下の色が
透けて見えるので、とてもカラフルな仕上がりとなり、面白い効果が生まれました。

tomo_work2014_6_2.jpg
完成作は素敵で見ていると欲しくなってしまいます

 筆を使って描く色絵(上絵)は、立体で水をはじく磁器の上に絵付けをするものなので初心者
ではかなり難しく、当館では制作にも限界があるところが、今回はシートの絵具を使うことで、
半日弱の時間で作品として完成させることが出来ました。
制作ペースもそれぞれにお任せしてゆっくり時間を取ったので、皆さん集中して(静かに熱く!)
作品を作られていましたが、同じ色と器を使っていても、出来上がった模様は写真のように
それぞれに全く異なっていて、とてもバラエティ豊かに完成しました。
デザインを完成させた後は窯で色絵の温度で焼成をします。

 今回の器はそば猪口サイズなので、今年の夏はこちらで冷たいお蕎麦や素麺を
召し上がっていただいたり、アイスクリームをよそったりと皆さんの食卓で使って
頂くシーンを想像するのも楽しくなりました。美術館で展示しているやきものを作品と
して見るだけではなく、こうした体験で作る過程を知ることで、より親しみや興味を持っ
ていただいて、皆さまの身近な世界へとつながる機会になればと思っています。(高)
posted by 智美術館 at 19:24 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

智美術館から歩いて行いけるギャラリー(1)

5月もあっという間に2週目が過ぎてしまいしたが、都内では暑くもなく、
寒くもなくといった気候が続いていて、出歩くには一番気持ちの良い季節
かもしれません。
 ゴールデンウィークに遠出された方などは、まだ連休の疲れも残って
らっしゃるかもしれませんが、天気の良い休日には散歩がてら、智美術館
の展覧会へぜひお越しください。そして、散歩に最適な季節ということで、
智美術館にご来館いただいた後、周辺で足を伸ばせるスポットをこれから
幾つかご紹介してみたいと思います。

 当館の住所が港区虎ノ門のため、お電話のアクセスのお問合わせでよく、
「虎ノ門駅が最寄ですか?」とか「新橋から歩いては行けますか?」など
ご質問を受けますが、最寄駅のご案内としては神谷町(日比谷線)をおすす
めしています。神谷町は、オフィスが多く、用のない方は普段あまり馴染みの
ない場所かもしれませんが日比谷や六本木、赤坂、東京タワー方面など徒歩
で周辺の様々な街にアクセスしやすい立地なので、散策には良い場所です!
話題の環状2号線、虎ノ門ヒルズも近いのです。
 
 ということで、今回ご紹介したいのは六本木方面にある小さなギャラリー、
ギャラリーSUさんです

su_1.jpg

Gallery SU
東京都港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室
tel. 03-6277-6714
開廊時間:12時〜19時 休廊日:日曜・月曜(展覧会期中は月曜のみ)

http://gallery-su.jp/index.html
続きを読む
posted by 智美術館 at 19:08 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

隠ア驤齊≠フ展覧会が始まりました

先週の土曜日、18日より隠ア驤さんの展覧会が始まりました。

「隠ア隆一 事に仕えて」
1月18日(土)〜 3月30日(日)
会場:菊池寛実記念 智美術館

http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html
kakurezaki_image2.jpg

 隠ア驤黷ウん(これまでお名前の漢字をふつうの「隆」の字を使われて
きましたが、還暦を機に正式な字に戻されたそうです)は古くからのやき
もの産地である備前にあって、器とオブジェの領域を自在に横断して、
造形的な仕事で備前焼に新風を吹き込んできた作家であり、現代の備前焼を
代表する一人です。

 美術館での本格的な展覧会として初めてとなる智美術館での展示では、
これまでの30年分のお仕事の中から、担当学芸と作家自身がディスカッ
ションを重ねて選ばれた作品、50点余り(55点、会期中展示替えあり)が
並びました。

続きを読む
posted by 智美術館 at 19:09 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月03日

本年もどうぞよろしくお願いいたします(2014年)

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年も当館の活動にご支援賜りますよう何卒お願い申し上げます。


 智美術館は1月2日から通常通り開館いたしております。そして
現在開催中の展覧会、「現代の名碗」展も残すところ週末の土日、
2日間となりますので、お見逃し無いよう、皆様ぜひお出かけくださいませ!

 ところで、お正月明け早々にニュースなどではデパートの初売りが話題とし
て取り上げられていますが、新宿にお出かけの方でこちら↓の掲示に気がつかれ
た方など、いらっしゃいますでしょうか?
(見たよ、という方がいてくださると嬉しく。)
K_image.jpg
実は、京王線新宿駅出口スペース(京王デパートへのエスカレーター辺りなど)に年末から
隠ア驤齠Wのポスターが大きく掲示されています。
そろそろ、掛け替えになってしまうかもしれませんが、お近くにお出かけの機会が
ありましたら、ぜひご注目くださいm(_ _)m
 この新宿駅前のスペースでは、当館のもの以外も各美術館の展覧会ポスターがたくさん
掲示されていて、アートファンには見ているだけでも面白いスポットになって
いました。個人的に気になったのは、「ラファエロ前派展」(森アーツセンターギャラリーにて
1月〜)や、「バルテュス展」(東京都美術館、4月〜)など。とくにバルテュスの謎めいた
雰囲気の少女の作品が引き伸ばしになっているのはかなり目を引く印象です。…が、絵画の華やか
で濃密なイメージに囲まれると、当館のポスターのシンプルさが逆に際立って見える!と内心で
自画自賛して来ました。(高)
posted by 智美術館 at 16:29 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

レストランの紅葉(2013)

智美術館の1階にあるレストラン「ヴォワ・ラクテ」から
見渡せるお庭、今年の紅葉も見ごろになってきました。

voie_lactee_1.jpg

voie_lactee2.jpg

まだしばらくは楽しめそうです。


posted by 智美術館 at 11:52 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

夏の成果(子どもワークショップの作品)

 8月に開催した、子どもワークショップの作品が講師の杉浦康益先生の
ところから戻ってきました。杉浦さんの工房は真鶴にあるので、そこまで
作りたての子どもたちの作品を「生の状態で」美術館から運んで焼成して
いただく、という先生にかなりの無理をお願いしてしまいまいしたが(あせあせ(飛び散る汗))、
そのおかげで今年も素敵に仕上がって、無事に美術館まで帰ってきました。

workshop2.jpg
workshop1.jpg

参加者の方からもお互いの完成作を見てみたいという声がありましたので、
ブログに掲載させていただきました。

続きを読む
posted by 智美術館 at 16:26 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

次回展のチラシが出来上がりました

次回、9月14日から開催となる
「現代の名碗展」
の展覧会チラシが出来上がりました。館内では
配布を始めていますが、かなり充実した内容となります。
昭和から現代まで、日本を代表する作陶家たちの作品が、茶碗を
テーマとして一堂に集まります。また、詳しい情報はHPおよびブログにも
掲載いたしますが、イメージだけ先にアップさせていただきます!


meiwan.jpgmeiwan_2.jpg

ところで、ブログ等でなかなか詳しくお伝えすることが出来ないのが
心苦しいのですが、昨日の榎本徹先生のお話はとても充実した内容でした。
続きを読む
posted by 智美術館 at 19:07 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

7月1日より日経新聞夕刊にて

東京も昨日からムシムシと梅雨らしく湿気の高い
日が続いております。館の外にはカエルやヤモリが
ひっそりと生息しているので、暗くなって帰る頃に
表れることも。

ところで、7月1日より日経新聞夕刊にて当館で能管の
演奏を何度かしてくださっている藤田六郎兵衛さんが
寄稿されています。
「プロムナード」の項で、月曜日にご担当されるようです。
連載が何回続くものなのか分からないのですが、ぜひご一読を
おススメいたしますぴかぴか(新しい)
posted by 智美術館 at 18:13 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

今年もお世話になりました

 智美術館の2012年、年内の開館は本日で終了となります。
今年も当館にお越しくださった皆さまに、心より御礼申し上げます。
なかなか、ブログの更新ものんびりペースでしたが、
展覧会を通じ、今年もさまざまな出会いがあり、多くの方に
助けていただいた一年でした。ありがとうございました。
(やきものたちにも感謝です。)

 東京にいると、毎日目まぐるしく時間も物事も移り変わっていきますが、
それに呑まれず、新鮮な空気を届けられる場となるよう、深呼吸しつつ来年
も自分たちの仕事に取り組んでいきたいと思います。
来年も1月2日から通常通り開館します。現在の「今泉今右衛門展」も
会期わずか
となりますので、初詣と合わせてぜひお出かけください!

IMG_0758.jpg

続きを読む
posted by 智美術館 at 18:30 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

紅葉満喫(レストランのお庭から)

2012_12museetomo1.jpg
今朝は、智美術館、ヴォワ・ラクテのお庭、紅葉が最後の見ごろですよ!
というお知らせです。

2012_12museetomo3.jpg

以前に、紅葉も11月下旬ころから見ごろになると思いますと書きましたが
その後仕事にかまけて(?)、お庭の景色もお伝えすることなく過ぎてい
ました。今朝のいいお天気につられてカメラを持って見にいった所、思った
以上に綺麗だったのでこれはお伝えせねば!と急きょ紅葉特集です。
2012_12museetomo2.jpg
ここはどこの小京都?(←手前味噌)と朝からリフレッシュする景色でした。
写真を撮っていたところレストランのスタッフに、もうシーズン最後だよ、と言われて
しまい、来年はもっと早くお伝えせねばと思いつつ、もったいないのでアップします。
あっという間に年末で、皆様お忙しい季節になっているかと思いますが今右衛門展と
合わせて、ゆっくり景色を楽しむ時間をいかがでしょうか。(高)
(今日は少し気温もあたたかいようなので、お散歩日和ですね)
posted by 智美術館 at 12:06 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

展示風景から(お庭も)

 先月から始まりました「十三代・十四代今泉今右衛門 色鍋島の粋」展
スタートから一か月と少しが経ちました。その間以前にご紹介したポスター
を街で見かけて来館してくださったお客様もいらっしゃり、嬉しい限りです。
 と、書きつつも現在来年度開催の第5回菊池ビエンナーレの選考作業などで
こちらのブログも滞りがちだったので、久しぶりに展示のご紹介をさせてい
ただきますm(_ _)m

tenji_image.jpg
前回、展覧会副題の「粋」(「いき」と読みたくなるところですが、「すい」と
読んでください)という言葉について書きましたが、個人的に当代の今右衛門さんの
作品を見ていて特にそれを感じるのが、この展示室3室目の作品です。



続きを読む
posted by 智美術館 at 16:57 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

次回展は、色々やります!(行ったり、作ったり。関連行事のご案内その1)

 先月21日の金環日食も終わり、気づけばもう6月ですが現在開催中の
「茶の湯の現代 用と形展」も今月24日までの会期となります。現代に生まれた
茶道具の面白さと工芸ならではの巧みな素材使いが合わさって、見ごたえある
展示になっておりますので是非足をお運びください。公募となって第1回の展覧会
ですから、次回以降につなげる意味でも会期の最後まで、大切にしていきたい
展覧会です。

 そして、次回7月7日より始まるコレクション展のお知らせが出来あがりました。

image_collection_gedai.jpg
 今回の展覧会は菊池コレクションの中から“東京藝術大学・陶芸講座の出身者”
テーマに取り上げてみようということで、春先から収蔵庫にまた沢山の作品を並べて現在展示計画をアレコレ練っています。
菊池コレクションには藤本能道の主要作品を中心に藝大に関わる陶芸家のものが
かなり集まっており、それを一堂に並べてみるというのは初めての試みとなります。ただ、
コレクション展ですのでどうしても半世紀におよぶ藝大陶芸講座の歴史を全てカバーする
ことが出来ないのが難しいところ。
 そういった意味で、展示としてはこちらのコレクションでお見せ出来る「これまで」と、
活動を続ける作り手さんたちの「これから」へ、つまり今度の展覧会から外の世界へと、ご覧いただく
お客様の意識が広がるようなものになれば良いなと思っています。

 ということで、関連行事としても色々やってみようということで動いたり、手を動かしたり
するものを企画してみました。(↓以下、詳細もご覧ください!)
続きを読む
posted by 智美術館 at 20:18 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする