2016年04月27日

秋山展ができるまで、その2

会場模型 2.jpg

前回に引き続き、模型の写真です。
真ん中の作品は、金沢21世紀美術館の収蔵品で、
実際に拝借してきました。はい、今、展示室にあります。
もちろん本物のほうが断然迫力あります。

画鋲のようなかたち(人によってはキノコやクラゲだそうですが)で、
長さが1メートル60ぐらいあり、頭の部分は直径1メートル近いです。
秋山さんの代表作の一つで、これまでは床に置かれることが多かったようですが、
今回は展示台の上にのっちゃいました、しかもギリギリで。
展示作業は秋山さんの立ち合いのもと、日通の美術専門の方がしてくださいましたが、
見守るこちらはドキドキでした。

んで、この作品、お客さんにも人気です。
色? 黒光りしております。

posted by 智美術館 at 13:34 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

秋山陽展ができるまで

秋山陽展、これまでになくダイナミック展示室です。
作品の大きさも幅4メートルの作品をはじめ、高さが3メートルだったり、幅が2メートルだったり、それを吊り上げたり、展示台の上にヨイショと置いたりしています。重さも一番重たいものは300キロ近くあります。

展覧会の企画が持ち上がったのは5年前ぐらい。実際の計画は3年前ぐらいからだったでしょうか。
秋山さんの作品は、空間との関係が大事ですので、
作品と当館の展示室とのコラボレーションを実現させるために、
企画展と企画展のあいだの展示替え期間中に、展示室の下見に
秋山さんは何度も足を運んでくださいました。

秋山さんの作品は、すでに国内各地の美術館に収蔵されており、近年では海外での収蔵も増えていると聞きます。当館のような小規模な美術館がそのような収蔵先から多数拝借してまわることは現実的ではなく、
そこで、展示作品の内容とその配置については、秋山先生にご提案いただくことになりました。

秋山さんが、展覧会準備中に、つくってくださった展示プランを少しご紹介します。
会場模型 1.jpg

スゴイっ!これ実際の展示室の縮小で、展示台や作品を粘土でつくってあって、お客さん目線で写真をとっているんです!
posted by 智美術館 at 13:31 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

桜坂と智美術館(お花見&美術鑑賞いかがでしょうか)

先週の4月2日より智美術館では「秋山陽 アルケーの海へ」が始まって
おりますが、ちょうど展覧会のスタートと共に都内の桜も見頃を迎えています。

 智美術館の最寄駅は日比谷線の神谷町なのですが、実は他に東京メトロの2駅
を含めて3駅利用可の場所にあります。
 そして、そのうちの溜池山王駅と六本木一丁目駅の間には、港区内でも
穴場のお花見スポット
があるのを皆さんご存知でらっしゃいますしょうか?
sakurazaka.jpg
それは、ANAインターコンチネンタルホテルの脇から泉屋博古館さんの裏を通る
道で、ANAホテルの横にある坂は名前もそのまま「桜坂」といいます。
(福山雅治さんの歌のタイトルになっている桜坂ではないらしいのですが、坂の登り口と
途中には標識が立っていますので坂の名前の由来など、ぜひご覧ください。)
写真は3日(日曜日)の夕方に撮影したものですが、日中も綺麗なのはもちろん夜間もこの
ようにライトアップされていて、とても幻想的な景色になっています。

 今年はまだ肌寒い日もあるせいか、桜も長持ちしていますので今週いっぱいは楽しめる
のではないでしょうか。お花見と合わせて、美術館の展示にもお立ち寄りいただいて、春を
満喫してみてはいかがでしょうか。皇居や上野と違って静かにのんびりとお花見が
出来るロケーションとして、オススメの桜情報でした。(高)

おおまかな地図はこちら↓をご覧ください

sakura_map_tomo.jpg
posted by 智美術館 at 13:34 | TrackBack(0) | ヒビツレヅレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

★「秋山 陽 アルケーの海へ」展 ブロガーイベント開催のお知らせ

akiyama_49event.jpg

4月2日より始まる、「秋山 陽 アルケーの海へ」展の
ブロガーの方向け特別鑑賞イベントを開催します。

 3月も下旬となり、都内の桜の蕾も色づき始め春の到来を感じさせる時期と
なりました。2016年の年度始めの展覧会となる、京都の作家・秋山陽氏の
展覧会も、もう間もなく始まります。
 展覧会では、現役の作家として国内外で精力的に活動を続ける秋山氏の迫力
ある作品約40点が展示される予定です。秋山さんの作品は、全て土を素材とする
陶の作品ではありますが、圧倒的なボリュームと、柔軟な発想から生まれる大胆
な素材へのアプローチによって、陶芸のイメージを根底から揺さぶり、広げ、深め
る面白さがあります。陶芸や工芸に興味がある方だけでなく、普段現代美術やアー
ト鑑賞を好まれる方にもぜひご覧いただきたい展覧会です。

 会場構成も作家のプランを基に行われる予定ですが、展覧会タイトルの「アルケー
の海」という不思議な言葉は、智美術館の空間で自作を設置する情景をイメー
ジする際に作家の中に浮かんできたものだそうです。「アルケー」は古代(古典)ギリ
シャ語の「ἁρχή(arche)」を語源とし、始まりや根源を意味しています。この言葉と
作品がどう結びついているのか、ぜひ会場にて実際に体感いただければと思います!

★参加費(観覧料)は無料。当日参加のブロガーの方には展示室を撮影
いただける他、記念のプレゼントもご用意しています★


開催日2016年4月9日(土) 16:00〜17:00
展覧会「秋山 陽 アルケーの海へ」展

参加資格ブログを開設している方で展覧会の魅力を発信してくださる方。
イベント開催より1カ月以内に本展覧会のリポートや情報をアップしてくださる方。
参加費無料(観覧料無料)
定 員25名様(先着順)
参加特典当日は担当学芸員がギャラリートークを行い、イベント時のみ撮影が可能となります。

お申込み方法
メールの件名を「アートブログイベント申込み」とし、氏名(本名)、ブログURL、ご連絡先メールアドレスをご明記の上、以下のメールアドレス宛にお申し込みください。
当館アドレス:info★musee-tomo.or.jp(★部分をアットマークに変更してご送信下さい)

先着にて、当館より参加要項をメールでご案内いたします。

注 意
・写真撮影は、当日ご説明させていただく注意事項に従って下さい。
・公序良俗に反する記事をアップされているブログその他、条件によりご参加いただけない場合があります。
 
皆さまのご参加をお待ちしております。
posted by 智美術館 at 17:20 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

次回「秋山陽―アルケーの海へ」展お知らせ

 現在開催中の展覧会「第6回 菊池ビネンナーレ」も会期が残り一週間
ほどとなりました。今月に入り多くのお客様にいらしていただいておりますが、
菊池ビエンナーレをご覧いただく次回のチャンスはまた2年後となりますので、
気になっているけれどまだ見ていないという方は、お見逃し無いようぜひ
お運びください。(入選の作家、作品も毎回入れ替わりますので、同じビエンナーレ
でも展示風景はかなり異なり、それが面白さにもなっています!)

そして、2016年の展覧会スケジュールはすでにHPに掲載中ですが、
4月2日(土)より開催の「秋山陽 アルケーの海へ」のチラシが
出来上がっておりますので、こちらにもアップさせていただきます。
(現物は現在美術館にて配布中です。)
◆秋山 陽  アルケーの海へ
◆2016年4月2日(土)〜7月24日(日)
◆休館日:月曜(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
◆観覧料:一般1000円/学生800円/小中高生500円

akiyamayo_omote.jpgakiyamayo_ura.jpg続きを読む
posted by 智美術館 at 13:31 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

第6回菊池ビエンナーレ 関連行事 第5弾!

こんにちは。
花粉舞い散る季節、いかがお過ごしでしょうか。

本日15時より、第6回菊池ビエンナーレ展 最後の関連行事を開催いたします。
入選作家によるギャラリー・トーク
須藤訓史さん(茨城県)&中田雅巳さん(石川県)

お誘い合わせの上、是非ご参加ください。(島)

posted by 智美術館 at 13:30 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

第6回関連行事 第4弾!

こんにちは。
第6回菊池ビエンナーレ展も会期半ばを過ぎました。
本日2月13日(土)は関連行事の第4弾を開催いたします。

15時〜 入選作家によるギャラリー・トーク
    駒井正人さん(岐阜県)中田博士さん(石川県)

公募展や個展でキャリアを積んできた若手陶芸作家がどのように制作と向き合っているのか、
お伺いいたします。
皆さまお誘い合わせの上、是非ご参加ください。(島)
posted by 智美術館 at 12:28 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

第6回菊池ビエンナーレ関連行事 第3弾! 

 こんにちは。
 今週末はお天気の心配は無用のようです。
 安心して、菊池ビエンナーレ関連行事の第3弾を告知させていただきます。

2月6日(土) 15時〜 受賞者と審査員によるギャラリートーク
張敏惠(チャン・フェイミン/奨励賞)× 若月 バウマン ルミ(奨励賞)×花里麻理(当館学芸部長)

 シンガポール出身の張さんは、シンガポールと台湾の美術大学で陶芸を学び、現在は金沢の卯辰山工芸工房に研修者として在籍されています。
 若月さんは笠間で陶芸作家の伊藤東彦さんと堤綾子さんに師事しました。その後グアテマラ共和国に渡ってインディオからいざり織りを学び、ご主人のロベルトさんと共にニューヨークでグラフィックデザインの仕事をされて、現在は長野県別所温泉で作陶生活を送っていらっしゃいます。
 審査員からは当館学芸部長の花里が聞き手として、お二人から本展の受賞作並びにその制作全般について伺います。
 皆さま、お誘い合わせの上ご来館を賜りましたら幸いです。(島)


posted by 智美術館 at 15:25 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

第6回菊池ビエンナーレ展 関連行事 第2弾!

東京はこの週末も雪の予報が出ておりますが、
1月23日(土)15時ら菊池ビエンナーレ関連行事 第2弾!
優秀賞を受賞された津守愛香さんと審査員からは陶芸作家の杉浦康益さんをお招きして
ギャラリー・トークを開催いたします。

第6回菊池ビエンナーレ展のこれまでとの違いは、
津守さんの「サムライ・マーメイド」が入賞している点にあると言えるのではないでしょうか。
作家同士のギャラリー・トークでその制作についてお伺いいたします。

1月11日(月・祝)に開催いたしました神田和弘さんと唐澤昌宏さんの回では、
1992年から現在までの作品変遷を通して、
神田さんが陶芸と向き合い制作を深めていく過程を窺える貴重なお話をいただきました。

以降、会期中の1月23日、2月6日、2月13日、3月5日 各土曜日に
出品作家の皆様をお招きいたします。
この機会に作家の生の声をお聞きいただき、
作品を身近に感じていただけましたら幸いに存じます。(島)



posted by 智美術館 at 17:54 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

第6回菊池ビエンナーレ展 受賞者×審査員のギャラリー・トーク

年が明けて寒さも本格的になって参りました。
本年も智美術館を何卒よろしくお願い申し上げます。

昨年12月19日から開催しております
「第6回菊池ビエンナーレ展 現代陶芸の<今>」関連行事の第一弾について告知させていただきます。

◆受賞者×審査員のギャラリー・トーク
 神田和弘氏(大賞)×唐澤昌宏氏(東京国立近代美術館学芸課長)
  日時: 1月11日(月・祝)15時〜
  場所: 当館展示室


 今回、大賞を受賞された神田和弘さんは、これまで多数の公募展で受賞・入選をされています。本展大賞作品をはじめ、過去の作品を振り返っていただきながら、その制作についてお話を伺います。
高さ、横幅ともに60pを超える大作は、作家の如何なる思考から生み出されたのか。
そして、審査員の唐澤昌宏さんはその作品をどのようにご覧になられたのか。
興味深いお話を伺えることと存じます。
皆さま、お誘い合わせの上ご来館をお待ち申し上げます!

本展会期中には、各受賞者と審査員のギャラリー・トークや入選者によるギャラリー・トークを全6回開催いたします。
制作者と審査員の生の声をお聞きいただき、やきものによる表現の「今」に触れてください。(島)

 
posted by 智美術館 at 11:07 | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする